いつもその何かに怯えています

小学六年生だった頃の話。

随分昔なので所々曖昧なのはご了承ください。

私の住んでいた街は西と東に地区が別れていんですよね。
で、その当時私の住んでいた西側ではゲームが大流行していました。
しかし、私はゲームは持っておらず西側の友達と遊ぶと迷惑がかかると思ったんですよね。
なので東側の友達と遊ぶことにしました。

公園で鬼ごっこしたりしていると一人の子が「なぁ、寺いこうぜ」と言いました。
しかし、この地域には神社があるだけでお寺はありません。
仮に神社と寺の区別がついていないとしても、その神社は東側からは遠く離れております。

私は「はて?おかしいな・・・」と思ったわけです。
今思うとその『寺』と呼ばれている施設に興味を持ったのが失敗でした。

私は気になって言い出した子にその『寺』について聞きました。
するとこの様な事がその子の口から語られました。

・その寺は現在遊んでいる公園より少し南の公園から入れる山道を少し歩いたところにある。
・その寺には和尚さんと名乗るオジサン(ニット帽+ジャージ着用)と数人のオバサンズがいる。
・その寺では訪れた子供にお菓子を渡しているので沢山の子供がお菓子目当てに訪れる。
これだけ聞いて私は「不思議だなぁ・・・」と感じました。

しかし、この寺には何と『絶対に入ってはならない洞窟』なるものがあるらしいのです。
私は興味津々で仲間の子(一部を除く)も乗り気だったので行ってみました。

早速その公園に着いたので『寺』に続く山道を下って行きました。
その山道は地形こそ少しキツめですが短かったので『寺』には思ったよりも早目に着きました。
『寺』は浅い小川を乗り越えた先にあり、周りに幾つかの木材が置かれていました。
施設本体は空き家を勝手に使っていた(友人談)らしくかなりボロボロ。
人もいないのでその時節周辺を暫く見てまわりました。
その日は幾つかの収穫(後程書きます)があったので帰ることにしました。

その翌日、双眼鏡を持って再び出掛けました。
人の気配がするので双眼鏡を使って覗いてみると前述の人達がいました。
暫くすると消えたので一度その施設本体の手前にある仏像?
らしきモノに近づいてみました。
すると、その奥にはハングル文字と漢字で何かが書かれていました。

今度は洞窟に近づきました。
いざ近づくと何やら恐ろしい・・・というか圧倒的な不気味さを感じて、その場からすぐ逃げ出したくなりそのまま走って逃げました。

初めて行ったときに判明したのですが、この施設があった町は在日朝鮮人の心の拠り所となっていた滝と同じ名前をしていました。

仏像?の奥に書かれていた文字の事もあり、この施設は在日朝鮮人の信じる何かのための施設であることがわかりました。

その後は取り敢えず親に全て話して、この事は一件落着かと思われました。

中一になって浮かれていたこともあり、もう一度その施設に行ってみました。
するとその施設に繋がる山道は大きな板で封鎖されて入れなくなっていました。
しかし抜け道を見つけてもう一度入りました。

その施設から木材は消えており人の気配もしませんでした。
しかし、洞窟からの不穏な空気・・・もといその圧倒的な不気味さは更に強くなっいて来た事を後悔しました。

ナニかがいる・・・そう感じてすぐに帰りました。

後ろからかなり速いナニかが這い寄って来ている気配を感じて、焦りに焦って何とか家に帰りました。
その後もしばらくは何もなかったのですが中二の今ぐらいの時期から異変が起こり始めました。

それは、『夜なにると窓にそのナニかの気配を感じる』事から『いきなり寒気が走る』『暗闇にそのナニの気配を感じる』『飼い猫が何もない場所を凝視する』となってゆき、遂に『窓に外側から指で引っ掻いたような跡ができている』『一人なのに物音がする』というモノになっていきます。

そのナニかの姿を直接見たことはありません。
しかし随分経った今でもその気配を感じたことがあります。
やはりこれは何処かにお祓いに行った方が良いのでしょうか・・・。

実話故にオチもなく峠もなく申し訳ありませんでした。
そして読みにくい上に長くて申し訳ありません。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!