水面は時に歩けるらしい

友人の話。

大学生の折、サークル仲間と渓流でキャンプをしたのだという。
季節は夏で丁度良い感じの砂地もあったので、西瓜割りをしようという流れになった。

ジャンケンで負けた後輩に目隠しをさせ、その場で三度身体を回してから挑んでもらう。
見当違いの方に向かうのを皆で笑いながら見守った。

「おいおい、そっちに行くと川に嵌るぞ」

誰かがした忠告も空しく、目の見えない後輩は川面に向かって足を踏み出した。
そのまま、つつっと何歩か水の上を歩いて渡る。

皆が呆気にとられていると、水の上に立っている後輩は大声を出した。

「あれっ何か足元の感触がおかしいんだけど!?」

次の瞬間、後輩は水飛沫を上げて水中に没した。
幸い浅瀬だったので服を濡らす程度で済んだという。

「お前、水の上を歩いていたぞ」

そう言われた後輩は目をパチクリとさせていたらしい。

その後、散々「もう一回!」と川に向かって歩かされたが、彼が水の上を歩くことは二度と無かったそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!