運転手はそこを通りたくない

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

その日は仕事が長引き、帰るのが深夜になったという。

顔馴染みのタクシー運転手を呼び、送ってもらうことにした。

道中、その運転手がおかしなことを言う。

「山越えのルートを避けていいですか?」

かなりの遠回りになる。

拒否すると、

「料金はいつも通りでいいです。いや負けてもいい。お願いします」

さすがに気になって理由を問うてみると、山越えルートの途中に峠道があるのだが、深夜を過ぎるとそこは通りたくないのだと言う。

「お客さんがいようがいまいが、あれはお構いなしなんですよ」

それだけ言うと、運転手は口を閉ざした。

それ以上はどうしても教えてもらえなかったという。

結局、いつもより安い金額で、遠回りして帰宅したのだそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!