子供の棲み家

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

彼の知り合いの女性Aさん。
彼女はいわゆる「見える人」らしく、友人間では有名とのこと。
そのAさんが高校生のときの話。

秋口のある日、いつもよりちょっと帰りが遅くなっため近道を歩くことに。
その道は途中、小さな墓地がある。
そろそろ陽も暮れかけてきた時間、その墓地の前を通りかかったとき・・・・。
何気なく中に視線を移すと子供の姿が。

年の頃なら小学校低学年くらいか。

特に不気味な感じもなかったのでAさんは中に入り、その子供に「もう遅いからお家に帰んなきゃね」と声をかけた。

「うん」と子供は素直に答えた。
多分この辺の子供だろうと思い「ボク、お家はどこなの?」とAさんが尋ねると「ココ」と目の前の墓を指差した。

この時点で何やら気味が悪くなり「それじゃお家に帰るんだよ」と言い残しAさんは墓地を出た。

「お姉ちゃんバイバイ」

子供は墓地の入り口のところに立って手を振っている。

「うん、バイバイ」と彼女も手を振り返した。

なんだ、普通の子供じゃないか・・・安心した。
歩くにつれて墓地は遠くなっていく。
それでもその子供はまだ手を振っている。

「お姉ちゃんバイバイ~!」

もう何度も叫んでいる。
その都度Aさんは振り返り、手を振り返していた。
しかしもう墓地からは数百メートルも離れた。
子供の声がほんの微かにしか聞こえなくなったとき、手を振り返すのをやめた。

「お・・・ちゃ・ん・・・イ・・バイ・・・」

もういいよね。
そう思った瞬間だった。
バン!と背中を叩かれた。

「な・・・なに!?」と思って振り返るとあの子供が真後ろに立っている。

「お姉ちゃんバイバイって言ってるでしょ!」

あの距離を、こんな一瞬でどうやったってここまで来られるはずがない。
Aさんは混乱した。

しかしここからまずは離れなければ・・・。

「あ、ゴメンネ・・・」

精一杯の作り笑いで小さく手を振り小走りで帰った。
それ以降、その近道を通ることはなかったそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!