変なところに繋がる電話

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

10年位前の体験談を書く。

俺は遠方に暮らす婆ちゃんに懐いてて、よく電話かけてた。
その日も婆ちゃんの声が聞きたくて、電話番号を押した。
でもいつもとは違った。

受話器の向こうから聞こえたのは心電図の音ていうのかな?

『ピーン・・・・・・ピーン・・・・・・』

みたいな等間隔の電子音が聞こえてきた。

最初、電話機が壊れたのかと思ったんだけど、向こうから声が聞こえてきた。
「もしもし?」て凄い低いおっさんの声で話しかけてくる。
驚いたんだけど、なんか話さなきゃと思った。

「あ、○○さん(婆ちゃんの苗字)じゃないですか?」

「・・・・・・違います」

短いやりとりの最中にも、後ろから電子音が聞こえてた。

「すいません。間違えました」

俺は間違い電話をかけてしまったらしい。
婆ちゃんちと似た番号の病院か何かにかけてしまったんだ、と瞬時に理解した。
謝って、受話器を置いた。

でも、その後、気づいた。
当時、婆ちゃんちにはよく電話をかけるから、短縮ダイヤルに登録してあった。
ボタンひとつ押すだけだから、間違い電話なんてかかるはずがない。

不思議に思いながら、もう一回ボタンを押すと、普通に婆ちゃんちに繋がった。
そのときは「変なこともあるもんだ」程度にしか思わず、婆ちゃんと話した。
次の正月には遊びに行くからとかそんな他愛もない話をした。
そのときはなんの変哲もなかった。

婆ちゃんが亡くなったのはそれから一週間後だった・・・。

婆ちゃんの死に不自然なことはなかったらしい。
眠るように亡くなったと聞いた。
悲しかったけど、次第にその悲しみも薄れていった。

それから数年後の話。

当時、生まれて初めて彼女ができた俺は毎晩のように電話をかけてた。
その日も、同じように携帯からリダイヤルを押した。

「もしもし?俺だけど」

いつものように話しかけた。

「・・・・・・もしもし?どちらですか?」

電話に出たのは彼女じゃなかった。低いおっさんの声。

すぐ後ろで『ピーン・・・・・・ピーン・・・・・・』て電子音が等間隔に鳴ってるのに気づいた。

「すいません。間違えました」

謝って、通話を終了した。

なぜか俺の心臓がバクバクいってたのを覚えている。
携帯のリダイヤルだから、間違ってかかることなんてないと思うんだけど・・・。
画面には彼女と通話した記録が表示されてた。

それから一週間後、彼女が交通事故に遭った。
といっても、足をひねった程度で命には別状はなかった。
ブレーキの切れた自転車と衝突しそうになって、とっさに避けたらしい。

あの心電図みたいな電子音との関連性は今もわからない。
でも、仮に病院に間違ってかかったとしても、心電図は聞こえないと思う。
ああいうのって、手術室とかで鳴るもんじゃないのかな?テレビドラマでしか見たことないけど。
あれ以来、変な病院には繋がらない。

なんか思い出したので書きました。
読んでくれてありがとう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!