平行移動する女の影

中学の修学旅行での話です。
場所は三重県の某ホテル。
未だに俺らの間では酒の席でやたら語られる話です。
部屋の間取りですが、玄関を入って右に便所、左に風呂、フスマを挟んで和室、ガラスの引き戸を挟んで板の間があり、窓でした。
ちなみにそこは三階で、窓からの景色は中庭の木々が見えるだけという感じでした。

夜、消灯時間が近づいてきた頃でした。
先生が「お前ら、はよ寝えよ!」と、玄関から入ってきました。
と、続けて「おい、お前らアレ見てみい」と窓の方を指しました。
そこにはカーテンを閉めた窓に中庭の木々の影が映っていたのですが・・・。

もう一つ、中庭の照明に照らされた、「女の人」にしか見えない影もいっしょに映ってました。
先生と俺らは、「なんじゃアレ~!気色わる~!」とか何とか言いながら、とりあえずカーテンをめくってみましたが、もちろん窓の外には木が生い茂っているだけです。

そしてカーテンを戻してみると、またもや女の形の影が・・・。

「どの木がどう映ったら、こんな形に映るんや?ホンマ気持ちの悪い」と言いながら、先生はカーテンを開けたり閉めたりしています。
が、そのうち、「もうエエ、気にせんと早く寝ろ」と言いながら、電気を消して出て行きました。

俺らはもちろん気になりまくりで、何回もカーテンを開閉しながら検証してました。
でもそのうち飽きてきて、「もうええやん寝よや」と一人、また一人と寝てしまいました。
俺も影には飽きて、隣の布団のヤツとエロ話なんかしながら、時折気になって、チラチラ見るだけになりました。

2時間ほど経った頃でしょうか、突然先生が、「お前らまだおきてんのか~!!」と怒鳴って入ってきました。
しかし・・・続けて「・・・今、動きよった・・・」とポツリ。

「???」俺らもとっさに窓の方をみました。

消えてました。
女の影。

すると先生が、「今、平行移動で、、、こうスゥ~っと」

俺らは死ぬほどビビッて、しかしなぜかとっさにカーテンを開けに行きました。
窓の外には、もちろん何もなし。

中庭の木々が生い茂ってるだけです。

「これ・・・人間には無理やろ」先生はマジです。
現実、女の影は消えてるし俺らも「マジですね・・・」と変に冷静を装いながら寝てる奴らを叩き起こしてそれぞれ、隣や向かいの部屋に逃げました・・・。

次の日はもちろんその話題でもちきり。
しかし「今日の晩見に行くわ~」とか女の子らに言われ、俺らは内心ニヤニヤしてました。

その日の夜、俺らと女の子らと、先生までまきこんで「女の影を見るツアー」が開催されました。
そして・・・みんなの恐怖心と、野次馬根性の視線にかこまれ、いざ引かれたカーテンには・・・。

なにも映っていませんでした・・・

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!