ぴくりとも動かない老婆

こないだ夜に高速を走っていた時のこと。

走行車線を走っていたら、100Mほど前で先行車が追い越し車線にいきなりレーンチェンジするのが見えた。
しかし俺の前方にはその車しかなく、もちろん追い越しするわけでもないので意味不明のレーンチェンジだった。
すぐにそいつは走行車線にすうっと戻り、かなりの低速だったので俺は抜いて行った。
抜く際に確認すると車は銀色のマーチ、7787とか覚えやすいナンバーだったので印象に残った。
ルームランプを点けたまま走行しており、運転手はやたら姿勢のいいスーツ姿の白髪の老人で、助手席にはぴくりとも動かない老婆が座っていた。

マーチを追い抜いてしばらく走っていると、前方にまた同じくらい低速の銀色のマーチがいた。
ちょっとぞくりとしたが、ナンバーを見ると7788とかさっきのマーチと1番違いだったので「連れかな」と思い、中を確認すると、やはりルームランプが点いていたが、運転手は30歳台くらいのチェックのシャツの男性が一人だけだった。

それも追い越してまたしばらく走っていると、三度低速で走る銀色のマーチが前方に見えてきた。

ルームランプが点いている。ナンバーは7787。
運転手は姿勢のいいスーツ姿に白髪の老人で、助手席にはぴくりとも動かない老婆が座っていた。

もちろん俺は途中休憩などせずに走り続けていたし眠くもなかった。
現世の高速道路は一本道だが、霊界ではループしているとでもいうのだろうか。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!