百鬼夜行という怪奇現象

あれはまだ中学生の時です。
風水の番組かなんかやってて、北向きの玄関が良くないとかどうとか言ってたんです。
その時、友人Hの家が北向き玄関だった事を思い出しました。

彼は幽霊話とか嫌いなのでちょっと脅かしてやろうと思いました。
何日か後に遊ぶ約束をして、その話に尾ひれをつけて脅かしてやろうと考えました。
当日、Hにその話をするといつもは変に怖がるのに何か考え込んでいました。
何かと思い聞いてみると、「つい最近なんだけどな・・・」と話始めました。

彼の部屋は玄関を入ってすぐ脇の部屋でした。
彼がいつものように寝ていると突然、耳元で何か唸るような声が聞こえたそうです。
最初は驚いたものの、すぐ冷静になってなんだろうな?と思ったと同時に、ばたばたばたばたばたばたばたばたと、凄い人数の足音が戸の外から聞こえてきた。

驚いて戸の外を見ようとしたのですが、耳元の声はまだ聞こえていたので先にそちらを聞こうとしたらしいです。

「・・・ダメだ、・・・しちゃダメだ」と微かに聞こえる声がそう繰り返すのです。
Hはもっとよく聞こうと外の音も忘れて集中するとその声は確かに「みちゃダメだ、戸の外を見ちゃダメだ」と、繰り返しているそうです。

みちゃダメだ、と言われると気になるらしく、ちょっとだけ覗いてみようかな?
とか思った時、その声は急に強い口調で「見たら死ぬよ」と一言告げたそうです。
その時、初めてその声が彼の祖母の声だということに気が付いて、中々鳴り止まない外の音を気にしながらも、気が付けば寝てしまったそうです。

よく百鬼夜行という言葉を聞きますが彼が遭遇したその足音はまさにその百鬼夜行だったのでしょうか。
後にも先にも一回きりだったみたいです。

そのときにはHのおばあちゃんはとうの昔になくなっています。
彼はそういった霊現象に会うと何かしらの形でおばあちゃんが守ってくれるそうです。

余談ですがHともう一人と俺で怪談話をしていた時にHが急に「なんかいる気がするから辞めよう」
とか言い出したので、さすがにネタも尽きた事から電気をつけようとしたら反応が無い。
友達がふざけているのかと思い、代わってスイッチを入れても反応なし。
連打しても同じ。

ちょっとした恐怖心にかられて、5分くらいパニックになりながらも連打していたら、突然電気がつきました。
電球は替えたばかりでその後から今にいたる10年間、スイッチの接触等には問題ありません。
やっぱり来てたのかな・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!