「皮剥ぎあきちゃん」

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

俺が小学生の時、読者投稿型のホラー漫画で「皮剥ぎあきちゃん」という話があった。

簡単に内容を説明すると、あきちゃんという名前の女の子が顔のデキモノのせいでいじめられて、デキモノを取ろうとカッターで自分の顔の皮を剥いで死んでしまう。
この話を聞いた人のところへあきちゃんが皮をはぎに現れるというよくあるパターンの話。

この話を読んだ何日か後、俺は祖母が看護師をしている病院のエントランスで祖母の仕事が終わるのを待っていると、一人の女の子が俺に向かって歩いてきた。
たぶん7歳ぐらいの女の子で顔や腕が傷だらけ。

俺の前で止まると俺を見ながら持ってたカッターで自分の腕を切り始めた。
俺が叫び声をあげるとすぐに看護婦さんが飛んできてその女の子を連れて言った。
祖母に聞くと自傷癖のある女の子らしい。
さすがにあきちゃんという名前ではなかったがびっくりした。

もう一つこの漫画の話で身近に起こったことがある。
この漫画の最後に載っている話で有名な「ねずみの編みぐるみ」の話。

ある女の子がミッ●ーマ●スの編みぐるみをもらう。
女の子は大切にするが、成長するとともにその編みぐるみに興味をなくして邪魔になり部屋に吊るすが、編みぐるみは吊るされて頭の部分がとんがってしまう。

すると女の子の頭に激痛が走り、たんこぶができたように頭がとんがってしまう。
ふと見るとその編みぐるみの右足がねじれていた。
何日か後、女の子は右足を骨折してしまう。

父親はその編みぐるみを不気味がり捨ててしまうが、その日以、来父親の体調が悪くなってしまう。
この編みぐるみを見つけた人は、きちんと供養をしてくださいお願いします。
細かいところは忘れたがだいたいこんな話。

ある日、友達の家へ泊まることになり、友だちの部屋でゲームをしていて、ふとタンスの上を見るとミッ●ーマ●スの編みぐるみが置いてあった。
古い編みぐるみで、よく見ると頭がとんがっていて右足がねじれていた。

友達にあの漫画の話をすると友達は不気味がり、夕食時に父親に相談したが笑って相手にしなかった。
友達は自分の部屋に置いておくのは嫌だといい父親にその編みぐるみを渡すと、父親は「こんなぬいぐるみの何が怖いんだ。」といいながら胸にパンチをしたり肘打ちをかましたりした。
お酒が入って調子乗りになっている。

それから半年後くらいにその父親は建築現場で足を滑らせ胸をうってなくなった。
あの編みぐるみがどうなったのかはわからない。

偶然といえば偶然なんだろうけど、あの漫画には他にどんな話があったかな?
もしかしたら、他の話も身近に起きてるかもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!