英国の有名な都市伝説

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

1584年のこと、英国のウォルター・ローリー率いる北米探検隊は、大西洋沿岸にあるローノーク島(現ノースカロライナ州)に上陸した。
この地をいたく気に入ったローリーは、帰国後、さっそく同地の植民地化建設計画を下院に提出、時の女王エリザベスはローリーにいたく喜び、ヴァージン(処女)であった自らの名にちなみ、同地をヴァージニアと呼ぶ許可を与えた。

かくしてローノークへの英国の植民活動が計画され、1587年、測量士兼画家のジョン・ホワイト率いる一団が上陸した。

しかし当初の予想に反し、植民は困難を極めた。
上陸した英国人は100人以上にのぼったが、すぐに物資が足りないことに気づき、一団は物資援助を求めて帰国したのだ。
しかし当時の英国に植民活動をする力はなく、ホワイトは母国で足止めすることになった。
そして再びローノークに戻ったのは、三年後の1590年のことだった。

だが到着した島は以前とは違っていた。
活気がない。
誰もいない。
捜索活動を始めたが、家屋は損傷もないまま残され、まるである日忽然と人々だけが島から消えてしまったかのように、100人以上の人々が島から忽然と姿を消してしまったのだ。
そして村の幾つもの木々に、次のような奇妙な刻印が彫られているのが発見された。

「CROATAN」

それは英語でもなければ、見たこともない単語だった。

「CROATAN」とは一体何を意味するのだろうか?消えた人々が最後に見たのは、一体何だったのか?結局この事件は今日なお未解決のまま「消えた植民地事件」として知られている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!