ヒッチハイクでの怖い話

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

当時、俺は道北に住んでいた。
ちょうど猿岩石とかがブームになっていた時、俺と友達の2人でヒッチハイクして函館まで行けるかなぁって話になって実際挑戦してみた。
その最中に起きた変な話なんだけど聞いてくれ。

順調にヒッチハイクが成功して札幌付近まで来れた。
またいつものようにヒッチハイクをしていたら1台のワゴンが止まってくれた。
運転席には若い(20代後半)女性と助手席に女性が1人。
助手席に座っていた女性は体調が悪いのかずっと下を俯いたままで顔が見れなかった。
運転していた女性に札幌まで行きませんか?って聞いて行くという事だったので同乗させてもらう事に。

車内では色々話をしたりして和みムードで進んでったんだけど途中からどうも道がおかしいんだよね。
俺が「あの~、これ道間違ってませんか?」って聞くと運転している女性は「大丈夫、こっち行けば近道だから」って言ってくる。
俺らは「そうなんですか~」って返したんだけど、やっぱり何かおかしい。
だって標識や民家すら見えなくなってくる。
ずっと1本道だし・・・。

で、もう一度「あの~、やっぱり道間違ってません?」って聞いたら女性が「いや、この先でみんな待ってるんだよ」っていう答えが返ってきた。

「はっ?俺ら待たせてる人いないですよ」って言うと「いや、待ってる人いるから」ってこのやりとりが何回も続く。
かなり不安になって「あの~、やっぱり道違うんで俺ら降りますから」って言っても「もう少しで着くから」とか「待ってる人がいるから」って言ってくる。
さすがにちょっとキレて強めに言うとなんかビックリした顔になってすんなり降ろしてくれた。

で、なんか不満そうな顔で走り去って行ったんだわ。

で、今回、ヒッチハイクしてる最中ずっとビデオカメラを持って行動してたんだ。
その映像の中に車の映像が映ってたんだけど車から降りる際に助手席のドアミラーが映されてて助手席に乗ってる女の人の顔がちらっと映ってたんだけどその顔が真っ赤で血だらけだったんだよね。

その後、無事函館まで着いて帰ってもこれたんだけど、この事が気になって自分の車で女と別れた先に行ってみたんだ。
すると舗装された道路から獣道に変わって行き止まりだったんだよね。
あれってなんだったのかなぁ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!