大阪の南区の某病院にて

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

私の体験話です。
1980年頃、母が骨折して救急車で搬送され、大阪の南区(現中央区)繁華街にある原○病院に入院しました。

その頃は今と違って、付添いが一緒に泊りこまなければなりません。
私は2カ月ほど泊りこんだのですが、病室は二人部屋で、1つのベッドに母が、もう1つのベッドに私が寝ていました。

で、ある晩のこと。
すっかり寝入っていた私の足を、誰かが思いっきり引っ張ります。
びっくりして目を開け、ベッドの足側を見ると、ベッドの下から男が頭を出してこちらを見ていました。

その顔は生きている人間には見えず、もう一度見たら誰もいません。
もちろんドアは閉まったままです。

急いで母の方を見ると、母も目を覚ましていました。
母も「今、知らない男の人に足を引っ張られて目を覚ました」と言います。
夢かと思ったのですが、二人とも同時に同じ経験をしたことにぞっとしました。

怖くなって、翌朝看護婦さんに昨夜の話をしたら、その日のうちに部屋を変えてくれ、「もう大丈夫だと思う」と言われました。
実際、その後は何も起こりませんでした。

その病院は外科が専門で、救急車でよく大けがした人が運ばれてきます。
同じく付添いで泊りこんでいる人にこの話をしたら、「やっぱり」と言われました。

時々あるそうです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!