ドアに張り付くように

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

「ピンポーン」

部屋のチャイムが鳴り、ビックリして目が覚めた。

時間は午前三時半。
ワンルームの部屋の中は真っ暗だ。

こんな夜中に何事か?と思い、電気は点けずに、そーっと玄関の覗き穴を覗いてみた。

薄暗いマンションの廊下の中を目を凝らして見てみると、スーツを着た四十歳前後の男が立っていてこっちを見てる。

見覚えの無い顔。

スーツ?
NHK?
イヤイヤイヤ・・・・・・なんだ???

などと混乱しながらも「・・・・・・はい・・・・・・?」と、ドア越しに声を掛けた。

が、無反応。

「なにか用ですか?」

もう一度声を掛けてもジーっとこっちを見ているだけ。

気持ちが悪いし、どうしていいかわからなくなり、ドアを離れて部屋の中に戻ると、「ピンポーン」と、もう一度チャイムが鳴らされた。

流石に怖くなってドアには行かず「変な奴がいるからすぐに来てくれ」と、警察に電話した。

10分後に2人の警察官が来たときにはドアの前には誰もいなかった。
1人の警察官にあれこれと状況説明していると、もう1人の警察官が俺の向かいの部屋をノックした。

俺が『なんで??』と思っていると、中から安堵の表情を浮かべ見慣れた住人が出てきた。

どうやら向かいの部屋の住人(20代リーマン)も、俺の部屋のチャイム音で目が覚めたらしい。(ボロマンションなので向かいの部屋のチャイム音が聞こえる)

そのリーマンは俺の声を布団の中で聞いていて、2回目のチャイムが鳴った後、俺がやったのと同じように、電気を消したままドアの覗き穴からそーっと廊下を見たらしい。
すると、俺の部屋のドアに張り付くようにして覗き穴から中を覗こうとしているスーツ姿の男が振り返ってリーマンの方を見たんだと。

それで怖くなって、そいつもすぐ警察に電話したとのこと。

「見られた!見られた!」と興奮して話すリーマンを落ち着かせ、警察官はパトロールを強化すると言い残し帰っていった。

その後これといって何も起こってない。

その部屋に今もまだ住んでいる。
引っ越す金も無いし。

向かいのリーマンはすぐ引っ越した。

通りすがりの狂人が「ピンポン」って押したくなって、無作為に選んだマンションの一室に、偶然俺が住んでいただけだと自分に言い聞かせているのだが・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!