死体洗いのバイトの不思議

高収入のバイト俺の大学は埼玉だったんだが、その日は授業さぼって一人で新宿をふらふらしていた。
とくに行くあてはなかったんだけどね。
歩くにも疲れたんで、歩道の端にあるガードレールに腰掛けていたとき、男が声を掛けてきた。

「暇ですか?」ってね。
もちろん怪しいと思ったよ。
で、とっさに「友達待ってるところだ」と言ったんだよ。

そしたら、その男は「ちょっとバイトやってくれないか?」と言ってきた。
はぁ?って感じだよね。
絶対怪しいのは分かってたけど。
気が弱い俺は即断るのをためらって、「何のバイトですか?」と聞いてしまった。

「大きな声じゃ言えないんだけど・・・」と男は前置きした後、ゆっくり顔を近づけて「死体洗いって知ってるよね?」と聞いてきた。
はい、知っていますとも。
だけど本当にあるわけ無いじゃない。
誰だってそう思うよね。

でも気が弱い俺は「はぁ」と相槌を打ってしまったんだ。

「そのバイト、やってくれないかな?」

やばいのに捕まったな。
心底俺はそう思ったよ。

「でも、友達待ってるんで」

「いや、今すぐじゃないんだよ。今週の土曜日だから」と言って、一枚の名刺を差し出した。

「バイト料は2万円でるから。2~3時間で終わるからいい報酬でしょ。じゃ、来れるかどうか今日中に連絡くださいね」

名刺の裏には地図が書いてあった。

怪しいのは十分に分かっていたが、懐具合が俺を決断させた。
家に帰ると早速電話をした。

「もしもし・・・」出たのはあの男だった。

「あの、アルバイトのことで・・・」
「来る気になったんだね。場所は名刺の裏に書いてあるはずだから分かるよね」
「はい。履歴書とかはいいんですか?」
「長くやってもらうわけじゃないから要らないよ。名前だけ聞かせてね」

土曜日の昼下がり、俺はその場所に行った。
6階建てのビルの3階だった。
ドアを開けると一人の男が出てきた。
あの男じゃなかったので躊躇していると、「××さんでしょ?◯◯(例の男の名)から聞いてるよ」
「はい、そうです。よろしくお願いします」

俺の挨拶が終わるか終わらないうちに「じゃあ、ちょっとこっち来てよ」と男はエレベーターに向かって歩き出した。
着いたところはビルの地下室だった。

「これに着替えてね」男は白衣とエプロンを棚から取り出した。
ゴム製のごっついエプロンだった。
着替え終わると「これもつけてね」と帽子とゴム手袋を渡された。
仕切りの向こうに「もの」はあった。
男は自分もゴム手をはめてシートをめくった。

・・・見慣れてるのか平然としているものである。

「こうやるんだよ」と男はエタノールを脱脂綿に含ませて「もの」を拭き始めた。
俺も真似してやってみた。

「そうそう、それでいいんだ。じゃあ終ったら3階に来てね。今着ているものはここの籠に入れておいてくれればいいから」

男は手袋を外すと籠に入れ、そこから立ち去った。

確かに恐ろしかったよ。
でもなんとかやった。

「元人間」だと思わないように自分に言い聞かせてね。
でも傷の多い「もの」だったな。

俺は簡単に後片付けを済ませると急いで3階へと上った。
ドアを開けるとさっきの男が出てきて「終ったのか?」と聞いた。

「一応・・・」
「じゃあ、ちょっと待っててくれ」俺を椅子に座らせると男は出て行った。
戻ってきた男は「うん、上出来だ」と言って、机の引き出しから封筒を取り出した。

大学の近くで独り暮らしをしている友達のアパートに遊びに行ったとき、俺はその話をしたんだ。
友達は「俺にも紹介しろ」といって聞かず、俺は財布にしまってあった名刺を取り出し、そこに電話してみた。
でも、電話は通じない。
呼び出し音はしているのだが、全然出る気配がないんだ。

「じゃあ、そこに行ってみるか」というんで、俺と友達はのこのこと出かけていった。
そして、例のビルに着いて3階へ上がる。
ドアを開けて「ごめんください」と挨拶した。
出てきたのは女性だった。

「あの、アルバイトのことできたんですが」
「はぁ?」女性は合点が行かないようで「ちょっと待っててください」と奥に行った。
代わりに男が出てきて、開口一番「うちはアルバイトは募集してないよ」

俺は先週の土曜日にやったことを説明してみたが、男は憮然として「あのね、うちはね、法律事務所なの。バカなこといっちゃいけないよ。土曜日は原則として休みだしね」

そして、そっけなくドアを閉めた。
確かにドアには「××行政書士」と書いてあった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!