娘を捧げちゃう

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

はじめに書いておくと、私はいわゆる美人ではありません。
取り柄も別になく、なんの霊感もないし、唯一それっぽい?のは異常にトイレをきれいにしたがるところくらい。

そんな不美人で零感な私が小さい頃、なぜか海の神様の子供?に気に入られて、生け贄的なものにされそうになったことがありました。

これは父の実家の漁村での話です。
父の実家の漁村の沖には海の神様がいる島があって、私はそこで二度迷子になったそうです。

一度目は海神を祀る海蝕洞で見つかり、「お兄ちゃんに遊んでもらった」と言ったらしい。

二度目には見知らぬ若夫婦が私を家まで送ってきて、祖母が私を家に入れてからお礼をしようと外に出たら若夫婦はいなくなっていたそうです。

その若夫婦の奥さんの方が、数十年前に村で行方不明になった女の子に似ていたらしく、若夫婦の旦那さんは海の神様、奥さんは行方不明の女の子、そして海蝕洞で私と遊んでいた「お兄ちゃん」は海の神様の子供ではないか?という話になったらしい。

その島にいる海の神様は亀の神様だそうで、とにかく人間の娘を嫁だか生贄だかに捧げることで船の安全とか、豊漁とかのご利益をくださるらしいです。
神様に娘を捧げることを「北になる」とか、「北にする」とか言って、私の考えでは、『北枕』・・・つまり死んでしまうんだと思うんですが、前に”北になった”娘さんは、ある日ふらりと「海に行く」と言って出かけたまま行方不明になったそうです。

でも誰かが北になるとご利益が期待できるらしくて、網元さんが祖父母に「○○ちゃん(私)はいずれ北になるだろうから、そのためにもこの家(祖父母の家)に引き取れないか」みたいなことを頼みにきたんだとか。

「○○ちゃんも北になれば不自由ない生活ができる」と言われて、父が「不自由させてるつもりもさせるつもりもない」と追い返したそうです。

母に当時の話を聞いたら、なんと網元さんは「結納だと思って受け取ってくれ」と、500万円を提示してきたらしく、「いくら積まれても娘を渡したりしないけど、それにしてもたった500万円で娘を寄越せなんてお笑いだ」と母は言っていました。

祖父母の勧めもあって、それ以来父の実家へは行っていません。

でも、ときどき思うんですが、網元さんに義理立てしないといけない関係の家だったり、娘さんに不自由させてしまう生活の家だったり、何かの事情でどうしても現金が必要だったり・・・という家だったら、娘を捧げちゃうこともあったらしいです。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!