ギロチン刑の恐ろしい実験

時は19世紀のヨーロッパ、数々の犯罪を犯した男が捕まった。
その男は確かに数々の犯罪を犯していたし、その中には、聞いてしまったら吐き気をもよおすのもある。
だが、その男には病気の妻と子供達がおり、しかも、自分自身も仕事が出来ないような病弱な体だった。
だから犯罪に走るのも仕方なかったかもしれない。

しかし、だからと言ってそんな理由で罪は軽くならない。
少なくとも当時はそうだった。
そして、無情にも彼は、ギロチンの判決を下された。

だが、そんな時、ある科学者が哀れな男に取り引きを持ち掛けた。
内容は、「私は今、果たして人間が首だけでどれだけ生きられるのかが知りたい。キミがギロチンに架けられ、首だけになったら、私の質問に答えて欲しい。もし喋られなかったら、YESが瞬き一回、NOが瞬き二回で反応してくれ」と言うことだった。

そして条件は「その後のキミの家族を保証しよう」と言う事。

彼はどうせ自分は死ぬ身、その後の家族が安泰なら、そんな事はお安い御用だ。
と、その取り引きを受け取った。

そしてその後、刑は執行された。
ストン、と言う軽快な音と共に、彼の首は飛んだ。
辺りに血が模様を描く。
そして科学者は、すぐさま彼・・・、正確には彼の首に近寄って質問した。

「意識はあるか・・・?」

瞬き一回。

誰かが悲鳴を上げた。
だが彼は構わず質問を続ける。

「痛いのか?」

瞬き二回。
そして最後の質問。

「目は見えるのか?」

だが、もう彼は反応しなかった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!