梅毒という感染病

梅毒という感染病をご存じだろうか?
性病の一つで、初期段階ではしこりや発熱などわかりやすい症状が現れるが、しばらくするとこれらの症状はなくなる。

しかし、症状が現れないだけで梅毒がなくなったわけではない。
治ったと勘違いして、そのままにしておくと死亡してしまう恐ろしい感染病である。

1940年代のペニシリンの普及により、梅毒の発症は劇的に減っていたが、日本では再び梅毒に感染する人が増えている。

【ホモ増加による梅毒感染】
日本での梅毒感染者の増加は2001年頃から始まっている。

新たな梅毒感染者の感染経路の調査を行うと、そのほとんどが性行為による感染で、それも同性間(男と男)での性行為で感染していることがわかった。

2014年までの統計データでは、男性の感染者の数は年々増えいるが、女性の感染者の数は増えていない。
つまり2001年以降、日本では男性の同性愛者が増加傾向にあるということになる。

【中国人旅行客増加による梅毒感染】
日本政府は2010年に中国人の観光ビザの発給要件を緩和し、2015年にはさらに観光ビザ発給要件を緩和した。

丁度そのころ、円安の影響で、中国人は今までより約2/3の費用で、宿泊や買い物など日本旅行が楽しめるようになっていた。
観光ビザ発給要件を緩和と円安の影響で中国人旅行客が増加。「爆買い」といわれる中国人による多額大量購入が発生した。

爆買い対象の多くは日用品や家電など「物」であるが、中国人男性にとって「風俗嬢」も爆買いの対象となる。

中国は日本以上に「性」に対して厳しく、売春はもちろん日本の風俗のような「性サービス」は違法行為で、治安管理処罰法により罰せられる。
日本での風俗はグレーゾーンだが、中国の風俗は完全非合法なのである。
日本人がギャンブル合法国を旅行中にギャンブルを楽しむように、中国人男性旅行客は日本で風俗を楽しむ。

中国男性の梅毒感染率は日本よりもはるかに高く、梅毒感染者にサービスを提供した嬢が梅毒に感染している。

中国人団体客を優遇し多く受け入れていたため、ほとんどの嬢が梅毒に感染し閉店せざるをえなくなった店もある。
もちろん嬢は日本人男性にもサービスを行っている。
嬢から日本人男性へ感染し、その男性と行為をもった日本人女性が感染している。

2013年には日本人の梅毒感染者のうち、19%しかいなかった女性感染者が、2014年には23%、2015年には約30%となっている。

そして日本旅行をした中国人男性の梅毒感染者も増加している。
おそらく日本で楽しんだのだろう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!