一撃で切断された

私が小学生の頃、学校の敷地内にウサギ小屋とトリ小屋があり、生徒達が日々の食事や掃除を担当していました。

校内でも大の動物好きなN先輩は、トリ小屋に新しく誕生したヒヨコ達を大変可愛がっていました。

そんなある日、トリ小屋の世話を担当した生徒達の悲鳴が教室に聞こえました。
何事か!?と確認すると、トリ小屋にヘビ(青大将)が侵入し、あろう事かヒヨコ達を食べてしまったと、今もそのヘビが、トリ小屋の隅でトグロを巻いていると言うのだ。

すると突然、「うおおおおっ!」と言う雄叫びをあげながらN先輩がトリ小屋に走り込み、むんずとヘビを握ると、グラウンドに向けて放り投げた。

そして手にしたクワを上段に構え、ヘビの頭部にめがけて打ち下ろした。
「ガッツ!」と音をあげクワは地面に深く食い込み、ヘビの頭部はその一撃で切断された。

さらに素早くヘビの尾を掴んだN先輩は、またもや「うおおおおっ!」と雄叫びを発しながら、手にしたヘビをブンブンと振り回し始めた。

するとヘビが大きく回転する度に、飲み込まれていたヒヨコが次々と空中へと飛ばされて行った・・・。

これは私が教室の窓から見た、未だに忘れる事の出来ない光景です。

その後すでに絶命していたヒヨコ達は、先生と生徒達の手により花壇の隅に手厚く葬られました。

が、ヘビのその後は・・・不明です。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!