おじいさんのお世話

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

おばあさん:「お父さん、おかゆができましたよ」

おじいさん:「ああ、母さん、すまんな。食えんのじゃ。」

おばあさん:「風邪でもひいた?もう歳なんだから体に気をつけないと・・・」

おじいさん:「すまんな母さん。母さんには長いこと苦労をかけたなあ。」

おばあさん:「いやですよお父さん。お互い様でしょ。元気になってくれないと、あたしが寝込んだ時に困りますよ」

おじいさん:「うん。そうなんじゃが・・・。おうそうそう、さっき娘を呼んでおいた。」

おばあさん:「あら、先週会ったばかりですのに。あんまり呼びつけてばかりでは迷惑ですよ。あの子達にも生活があるんですから」

おじいさん:「いいんじゃよ。今度ばかりは。」

おばあさん:「・・・?あら、誰か来たわ」

おばあさん:「・・・あらあら、いらっしゃい。今ちょうどあなたの話を。お父さんが風邪で寝込んで。え?臭い?さあ・・・わたしは別に・・・どうしたの?そんなにあわてて」

【説明】
何年か前に本当にあった話。
老夫婦が暮らしていて、おじいさんはコタツに入ったまま老衰で死んだんだけど、おばあさんが少しボケていてそれを理解できず、ずっとおじいさんの食事の世話をしていたという実話。
娘だったか近所の人が発見して通報したんだが、救急隊員が、おじいさんの遺体を担架に乗せて運ぼうとしたら、おばあさんが「おじいさんはちょっと具合が悪いだけなんだよ!連れていかないで!」と、泣きながら救急隊員にすがっていたそうだ。

ボケているとはいえ、夫婦愛の強さにみんな泣いた。

そのおじいさんはお酒が好きな人だったらしく、発見されるまで、夕食にはおばあさんが毎日、日本酒を一合お燗して出していたそうだ。
そうやって何十年も暮らしていたんだろうな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!