子猫は残念ながら

小学生時代の夏休みの出来事。
家で飼ってた猫が子供産んだんで、掃き出し窓(って言うのか?)が面した廊下の隅にダンボールで居住スペース作ってやってた。

それで1人で留守番してたある日、その窓の網戸が破れてる事に気付いた。
破れっつうか、丁度最下部が10cm程度、スパッとカッターで切り裂かれたような感じ。
不思議に思ったが、とりあえずガムテで補修しといた。

夕方、母猫にエサ持って行った時に箱の中を覗くと子猫が1匹足りない。
「え?何で?」と思いつつ辺りに視線をやると、子猫が網戸の破れた部分に首からませてぶら下がってた。
発見した時はキレイな線だったその部分は、網がびゅるびゅるにほつれてからみまくっててすごい状態だった。
ガムテは何故か跡形もなく消えてた。

子猫は残念ながらあぼーんしてまつた。
半泣きでからんだ網はずしてやって、ティッシュの箱の上の部分破いて子猫の亡骸入れた後、それ抱えたまま親帰るまでずっと玄関先に座り込んで泣いてた。
今思えば自分の行動がほんのり怖い。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!