生徒が死んだ話をする先生

中学の頃、授業中の雑談でやたらと生徒が死んだ話をする先生がいた。
しかも嬉々として。

大体の話の流れは決まっていて、自分が今まで赴任した学校で起こった事故→それで死んじゃった生徒がいてね?→可哀想な事件だったわ?で終わる。

話していたのは、もう名前も顔も担当科目も忘れたが、冴えない容姿のどこにでもいるような40代後半ぐらいのおばさん先生。

生徒は勿論ドン引き。
嫌っている生徒は多かった。
ネタにしても本気にしてもKY。

卒業して数年以上経ち、ネットが普及した頃になんとなく思い出して調べてみたら、先生が話してた事件(覚えてる限り、それでも5?6件)は実際に起きていて先生の話してた内容と大筋合っていた。

ゾッとした。

教員生活、長く見積もっても20数年ぐらいの間に、教え子の事故死に頻繁に遭遇することがあるんだろうか?

人の死を嬉々として雑談にできる人間性、もしかしたら、あの先生が引き起こしてたんじゃね?と勘繰ってしまう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!