嫁が流産しますように

昔々、岩手県盛岡市のあるところに、非常に仲の悪い嫁姑があった。
ある日、その嫁姑がどちらも同時に妊娠するという珍事が起こった。

嫁はともかく姑までお元気なこって、とみんな噂したらしいが、姑はともかく嫁の妊娠が気に入らない。
そんなわけで、この姑はあろうことかあるお寺のお地蔵様に「嫁が流産しますように」と毎日お参りし始めた。

このお地蔵様というのが愚直なほどに物分りがよかったらしく、果たして嫁は臨月に流産してしまった。
姑は喜び勇んで身重の体をものともせず、そのお地蔵様にお礼参りにきた。

「お地蔵様のおかげであの憎らしい嫁が流産しました。ありがとうございます」と手を合わせていると、お地蔵様が突然、口を利いた。

お地蔵様:「なぁ姑よ。自分の嫁、孫が流産したというのがそれほどに嬉しいか?」

姑がその問いに「大変嬉しく思います」と返すと、お地蔵様は「そうか」と一言だけ返答した。

すると、にわかに姑はその場で産気づいてしまった。
姑が艱難辛苦の果てに生んだやや子は、なんとただの石の人形になっていたそうな。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!