お国の為に死ぬ事はない

私の父も陸軍でフィリピン、マニラへ出征。
空軍も海軍も肺活量が足りなくて落ちたと嘆いていた。
しかし志願兵だったので割りと待遇は良かった様子。
「爆弾が落ちる所には人柱が立つから解る、それを避ければ大丈夫」という謎のアドバイスを今でもしてくれる。

ただ、亡くなった仲間を親指だけでも連れて帰ろうと、切り取って名前を書いて袋に入れて持ち歩いていたそうだが、ある時その袋を預けた仲間が死んでしまい、どこを探しても見つからなかったらしく、「連れて帰ってきてあげたかった・・・それだけが心残りだ」と酔っ払うと必ず言っている。

伯父は成績優秀だったけど、「どうせ死ぬなら派手に」と特攻隊を志願。
同級生はみな「やめておけ、お国の為に死ぬ事はない」と説得したけど、聞く耳を持たなかったらしい。

しかし私の親族はみんな小柄なので、やっぱり伯父も肺活量が足りず、結局特攻隊員にはなれなかった。
泣く泣く空軍の内部の仕事をしていたらしい。
そして戦争が終わり実家に帰ると、自分の志願を止めた同級生は全員戦死していたそう。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!