犬でも平気で盗んで喰う

結構、昔の話、戦時中の話が多いです。
宜しければ。

満州から引き揚げて、新潟に居を構えたおいらの母方のじいちゃんは、犬を飼いはじめた。
終戦後の混乱はいまだに尾をひいていて、特に日本海に面している新潟辺りでは、他にも大陸から色んな人々が上陸しており、治安は決して良い方ではなかったという。

家族が住んでいた家の近くにも、それらの人達の集落が出来上がっている。
当然、番犬としての役割もあって飼いはじめたのだ。
雑種の仔犬の名前は「ピンジ」と命名された。

当時の写真を見せて貰った。
誰が付けた名前か、おいらははっきり聞いてない。
伯母さん、お袋、小母さんの三人で可愛がっていたそうだ。
引き揚げて来て、恐らくは始めてのペットと言うか、家族の一員が増えたと、みんなで大切に育てた。

何年か経ったある日、ピンジがいなくなった。
じいちゃん含めて家族全員で探して廻った。
だが、見つからなかった。
数日して、もう見つからないのかと諦めかけていた、ある日。

お袋達三人の姉妹が歩いていると、畦道の向こうに、誰のものか判らないスコップが転がっているのを、小母さんが見つけた。
その先に何か載っているのが見えたという。
小母さんは小走りに、何か確かめに行った。

「ギャーーーーー!」

という小母さんの声が聞こえた。

「ピンジーーーー!」

スコップの先に載っていたのは、犬の頭。
間違いなくピンジだった!

小母さんが取り落としたスコップから転がり落ちたその首は、「きゃん」と一言、哀しそうに鳴いたという。
三姉妹は泣きながら、そのスコップでピンジの頭を埋めた。

あいつらは犬を喰う。
人のウチの飼い犬でも平気で盗んで喰う。
じいちゃんは、そういうこともあって、今でもあの国の連中を許さないのだ・・・と、
後年、お袋から聞いたことがある。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!