遺書がない自殺

「おかあさん今日ず~っと家にいたよね?ね?ゆうちゃん」

私が5歳のある日の夕方、母親がしきりに私に言ってきた。

「おかあさんず~っと家にいたよね?ね?」

よく解らないけど、「うん。いたよ」って答えたら、母親はすごい喜んだ。

次の日、隣に住む祖母が死体で発見された。
一見自殺なのだが、他殺の可能性もあるとして、うちにも警察の人が来た。(遺書がなく、足が悪いのに首吊りをしたことに違和感)

5歳の俺にも聴取のようなことがされたが、ほとんど母についてだった。
実は母と祖母の仲は悪く、元々同居していたのに、新しく家を建て祖母を追い出した経緯もあった。

「おかあさんはあの日ずっと家にいたの?」
警察にしつこく聞かれたが、「いたよ」っと伝えた。

その後母に「警察に何聞かれたの?」「ほかには?」「他には?」「ホカニハ?」としつこく聞かれた。

そして、家に居たと伝えたことを言うと、ホッとしていた。

あれからもう20年以上経って、私は会社員として働いている。
13歳で父が死に、苦しいなか大学まで行かしてくれた母には本当に感謝している。

ただ、あの日私がテレビを見ながらウトウトしている間に、母が、裏口から30分ほど家を出ていったのが忘れたくても忘れられない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!