生涯の半生を洞窟で

生涯の半生を洞窟で過ごした一家。

シベリアのチュメニに住むジナイダ、リジア、アナスターシャ、ニーナの4姉妹は、地下の洞窟の中に住んでいた。
父は管理責任者。
洞窟に住んでいるというと変に聞こえるかも知れないが、正確には「洞窟を利用して作られた、(旧)ソ連軍の地下倉庫」である。

ある日洞窟で落盤事故がおこり、入り口が塞がってしまった。
幸い軍需用保管庫でもあり空気と水はなんとかなったが、救出はついにこなく40年後偶然空いた場所から外に出たのである。

父は死んだが保管された食料を食う寝るの繰り返しだけで40年生き抜いてきた4姉妹であった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!