焼けただれた顔面の

富山県高岡に会社の同僚と仕事にいった際、夜にゲームセンターにはいったのだが。
UFOキャッチヤーの横に乳母車と母親らしき人物がいた。

よくみるとうぶ着を着た赤ん坊が異常にデカイ。
小学校高学年ぐらいの大きさなのだ。

俺たちは、乳母車をのぞきこんだ。
そしてすぐ店を出た。
300メートル程歩いて、初めて俺と同僚は口を開いた。

「今の見たか。。。」

産着につつまれていたのは、焼けただれた顔面の少年だった。
頭蓋骨に鮭の身がうっすらとついた様な。。。

ほんとうにしゃれにならない。
トラウマになった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!