“自殺”

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

組合仲間の話。

とある山中の町へ仕事で出かけた、その帰り道。
道中に桜で有名な寺社公園があった。
すっかり暗くなっていたが、夜桜を楽しもうと思いつき、そのまま車で乗り入れた。

山裾を少し分け入ったその公園には、時間が遅いせいもあってか誰もおらず、一人ベンチに腰掛けて桜を眺めていた。
何も思案すること無くしばらく呆っとしていると、突然身体を激しく揺さぶられた。

驚いて我に返ると、壮年の男性が怖い顔で彼の肩をつかんで揺すっていた。

壮年の男性:「あんた、こんな所で一体何しているんだ!?」

そう問われて「え、いや、ただベンチで夜桜を楽しもうと・・・」など答えた時、自分が見覚えのない空間に座っていることに気がつく。
四方が白い壁に囲まれた狭い場所。
微かに悪臭がする。
彼はいつの間にか、薄汚れた洋式便器に腰掛けていたのだ。

慌てて男性と一緒に外へ出た。
あの公園の、隅にある小さなトイレ。
その大用の一つに、彼はいつの間にか、自分でも知らぬ間に籠もっていたらしい。

壮年の男性:「驚いたよ、側を通りがかると、トイレの中から唸り声が聞こえてくるんだから。てっきり怪我でもしているのかと。具合でも悪いのかい?」

そう言った男性の足下で、犬が尻尾を振っている。
どうやら夜の散歩の途中だったようだ。

彼:「いや私、あそこのベンチに腰掛けていた筈なんですが、気がついたらあなたに声をかけられていた状態で・・・」

そう説明しながら、自分でも訳のわからない説明だなぁと感じていた。

壮年の男性:「それなら構わないけど・・・ここのトイレ、過去に二人ほど自殺してるからなぁ。お節介だとは思ったけど、ちょっと不安になって声を掛けたんだ」

“自殺”という言葉に思わずドキッとする。

身体を調べてみたが、幸い、特に体調の悪いところも見当たらない。
男性に礼を述べてから、すぐに公園を出たのだという。

彼はその後、その公園には一人で訪れないようにしているそうだ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!