いわゆる霊能力者

俺は40周辺の男性。

現在は無職、まあパワハラで精神病んで退職。
実質は解雇。
裁判起こせば勝てると医者にも言われた。

俺の母方の祖父の母親、解りやすくいえば母方の曾祖母がいわゆる霊能力者だったらしい。

普段は、今で言うと重度のリウマチだったらしい。
食事・トイレの世話も祖父がしていたとのこと。
不思議なのは、曾祖母の家には豪華な神棚があったそうだ。

戦時中にもかかわらず、食べ物には特に困ってなかった。
それどころか、豪華なロッキングチェアとかあったし、立派な犬を飼っていたり、祖父の兄たちはバイオリンとか、ギターをしていた。

これらは、話に聞いただけでなく、写真も残っている。
ただ、話を聞いたのは祖母からで、祖母は祖父の身内ではない。

曾祖母が、霊能力者だったと言うのは、俺が21歳のとき、大学生のときに聞いた。

祖父は、あまり霊的関係なことは話そうとはしなかった。

正確には、全く話してくれなかった。
だから、祖父の母親=曾祖母の話は、俺は祖母から聞いた。

すごい霊能力者だったらしい。
戦時中に、食べ物や家財が豊かだったのは、曾祖母を頼って霊視(未来を伝えた)した結果らしい。

戦時中だから、祖父の兄たちは、戦地に行った。
祖父も、戦地に行くことを志願したが、何故かダメだと言われたそうな。
よくは解らないが、曾祖母の跡取り(霊能力者としての)が、村では必要でうまく戦地に行けないようにしたのかもしれない。

結局、祖父は戦争には行かずじまいだった。

戦争のこと、霊能力者の血筋のことを聞いても「話したくない」と言って、何も話してくれなかった。

だから、それらの話は結婚した祖母から聞いた。

祖母から話を聞いて、もっと詳しく聞きたいと思い、祖父にそう言ったが、祖父は一切話してくれない。

唯一、「あぁ」と言ったのは、祖母が話してくれた、祖父の母は箸も持てないほどの重度のリウマチだったこと。
祖父が毎食、箸で口に運んで食事の介助をしてたこと。

そして、見知らずの人が突然訪ねてきた時には、神棚に何かを言って、普段動かない手が頭の上にまで上がっていたこと・・・・。

祖父も、きっと霊能力があったのだと覆う。
自分が見えることや、聞こえることに悩んでいたと思う。

ずっと、それを隠してきていたが、俺は初孫だったし、その俺が20を超えた時に祖母に促されて、真実を語ったのだと思う。
一言、二言だが・・・・。

俺や従兄弟たちは、人には見えないものが見えたり、聞こえたりしてずいぶんと悩んで育った・・・。

でも、従兄弟たちは大人になるにつれて、そのようなことは無くなった・・・・。

唯一、大人になっても無くならなかったのが俺です。

だから、色んなものが見えたり聞こえたりします。

前に務めていた会社の社長が「全部話せ」と言って来たときは苦笑いしました。
まあ、自分が言ったことが現実になって、「気味が悪い」「怖い」と言われたのは今では良い思いでです・・・・。

あと、「見てくれ」という人が自宅にまで押しかけて来たときは本当に困りました。

「あんた誰?」と毎回、追い返してましたが・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!