満員電車での「屁」

いつものように満員電車に揺られていた。
その日、朝から腹の調子がおかしかった俺はケツとケツがお尻合いになってしまってる後ろの人に申し訳ないと思いつつも、屁を我慢しきれずにこいた。

俺的には、肛門をコントロールしながら「プススィ~」とスカすつもりが、加減を誤って「ブバボン!!」と。
とりあえずiPod聴きながら知らないブリをしていると、自分から生成されたとは思えない激臭が周囲に立ち込めてきた。

俺はとりあえず他人事のように「クッサ!」と漏らしてみたが、横のオッサンと目が合って、頷いたりしてるもんだからたぶんバレてない。
そのうちに(ずっとスカしていたのだが)オッサンが俺とお尻合いになってるOLに「あんた、窓あけろ!」と言い出した。

「責任とれ!」と。

無実の罪をなすりつけられたOL・・・。
オッサンが涙目でブチキレるもんだから満員電車が一時騒然となる。

「スカートにすごい振動があったからこの人です!!」と斜め後ろにいてハンカチを鼻にあてがっているメガネの若いリーマンが次のターゲットに。

若いリーマン:「ぼぼぼ、僕じゃない!!」

OL:「スカートに臭いついたらどうしてくれるの!」

オッサン:「あんたか!」

さらに車内は騒然と。

激しく笑いたい衝動をこらえながら仲裁に入る俺。

「まぁまぁwwww」

腹に力を入れすぎたせいで、そこで油断。

「プススィ~」

気づいたら何でか停車駅の駅員室でOLに泣かれながら「訴える」とか言われてた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!