怪談になる要因

自分はプログラマをしています。

プログラマといってもいろんな分野がありますが、自分は僻地のダムや山奥、山頂の中継塔(大きな鉄塔があるでしょ?)などに行くことが多い業務についております。

数年前も仕事の一環で、某地方の大きなダムに行きました。
客先に行くわけですから当然スーツで化粧もきっちり、パンプス履いてパソコンが入った大きな鞄と書類ケースを抱え、という浮きまくりな格好で、観光客にもまれながら現場に向かいました。

さて、その日の作業は滞りなく終わり、少々時間が余ったので、せっかくだからちょっと観光でもしていくか、と上述の格好のままでダムサイトを一巡りしました。

湖面に映る見事な紅葉を眺めておりますと、ハイキングに来たとおぼしき初老のご夫婦が近づいてきて、きさくに声をかけてくださり、仕事で来た等話したところ、奥様のほうが、「ああよかった。こんなところにスーツ姿の若い女性がいるから、てっきり自殺にきたのか、それとも幽霊かと思っちゃったのよ。タクシーの運転手さんがそう言い張ってきかなくて。確かめてみようとおもってこっちに回ってきたの」と。

怪談はこうやって作られていくのだろうか、などと思った帰り道でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!