熱狂的なファンの土産

勝俣の話も怖かった。
誰か覚えてる人居るかな?

勝俣:「僕がまだchachaやってる時なんですがね、仕事が終わってマンションに帰ったんですよ。それで階段昇って部屋が見える所まで来ると、部屋の前に女性が居るんですよね。(度が過ぎた熱狂的ファンだったらしい。)」

勝俣:「で、どこかに隠れて時間を潰して、夜にまたマンションに戻ったんですよ。念のため、近くの公衆電話から自分の部屋の留守電チェックしたら、入ってましたよ、その女性からメッセージが、何件も。」

勝俣:「最初は『勝俣さ~ん?居るんでしょ?判ってますよ。開けて下さ~い』って感じなんですよ。段々『居るんでしょ?!開けて!開けてー!!』って感じで・・・ドア叩いてる音も入ってる。終いには、『開けて・・・寒い・・・寒いのよ・・・開けて・・・』って感じで・・・。」

勝俣:「で、部屋の前にその女性が居ないことを確認して、ダッシュで部屋に入って速攻で鍵閉めましたよ。部屋に居ると、暫くしてカン・・・カン・・・カン・・・って階段を昇ってくる音が聞こえるんですよね。で、案の定部屋の前に来て呼び鈴鳴らすんですよ。僕は居留守使ってたんですけど、そのうちガチャガチャとドアノブ回したりして・・・。挙げ句の果てには郵便受けに手ぇ突っ込んで、無理矢理覗こうとしてるんですよ。」

勝俣:「僕は頭から毛布被って、帰ってくれ~!帰ってくれ~!って思ってました。暫くしてその女性も居なくなったようで、僕も知らないうちに寝てたんです。」

勝俣:「朝になって目が醒めて、しつこかったなぁ~とか思いながら郵便受けの新聞取りに行ったんですがね、新聞取ったら、一緒にカラカラッって何か落ちて来たんですよ。何だろ?って良く見てみたら。爪!血まみれになって剥がれた爪!」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!