実際に何かが来ていた

大学生になって2年目の夏休みのことだ。
その年の春に仲が良かった同級生の友人が一人亡くなり、少し憂鬱になっていた時期だったと思う。

アパートの2階に住んでいたんだが、確かその日は妙に涼しくて、夜は少し肌寒いくらいだった。
普段はタオル一枚で寝ていたが、その日は布団をかけて寝ていた。

夜中ふと目が覚めると体が動かない。
あまり経験はなかったが、金縛りだと気付いた。

友人を亡くしたこともあり、少し霊的なモノに少し臆病になっていた。
何も起こってくれるなよ・・・と願っていたが、何かが近づいてくる気配を感じた。

玄関―キッチン―居間というように繋がっているが、玄関からすーっと近づいてきている感じだ。
それはすーっときて、部屋の中央蛍光灯の真下で止まり、そこからじっとこっちを見ている気がした。

無論怖いのと金縛りで目は開けてないので、全てそんな気がしただけだ。
依然として動けず声も出せないので、早くいなくなれ、と念じ続けていた。

その後特に何が起こるわけでもなく、気付いたら朝だった。
あれはなんだったんだろう・・・夢だったんだろうか、夢であって欲しい、などと考えつつ、顔を洗い郵便受けを見に外に出ようとしたところで気付いた。

玄関の鍵が開いたままだった。
いろんな意味で肝が冷えた。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!