黒い塊で村が全滅

山好きが高じ、地質学者になった奴がいる。

ある時、彼は秘境だとか奥地だとか言われる高原に向かって、赤茶色の山腹に切られた道を車で走っていた。
山には草木がほとんど無く、埃っぽく、そのせいでやたらと空が大きく、明るかったという。
その明るい谷間に、黒い雲のような塊が、こんもりと浮かんでいるのに気付いた。

同行している地元の学者もほぼ同時に気付き、あわてて車を停車させ、無線機にかじりついた。
黒い雲のような塊の周囲を鳥が飛び交い、その下の川は魚が群れ、泡立ち、まるで川が煮え立っているようだった。
どうやら、鳥も魚もその黒い塊が目当てらしい。

無線機での交信を終えた学者が、その光景について説明した。
あの黒い塊は、虫なのだという。
まだ成虫ではなく、たいがい、成虫になる前にほぼ全滅するが、正確に言えば全滅させるという事らしい。
10年程度の間隔を置いて大発生し、鳥も魚も、ひたすらその虫を食い続けるのだという。
そして、学者が無線機で交信していたのは地方行政府の役所で、最終的に彼の報告は陸軍の地方司令部

鳥や魚がその虫を夢中で食う理由について、学者は簡潔に答えた。

「あの虫、大人になると何でも食っちまうんだ」

あれが成虫になると、鳥も魚も無事では済まないらしい。
確かに、それなら必死になるかもしれない。
で、なぜ軍へ連絡を?
重ねて尋ねると、学者は、分からないのか?という顔をして、「何でも食っちまうからだ」と答えた。
駆除しそこなうと?

まいったな、という顔で、学者は見渡す限りの茶色い山を指差し、「何でも食っちまうんだよ」村が全滅したこともあるという。

広い中国の一地方での話だ。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!