赤ちゃんを切ってみよう

もう30年近い昔の話になるが、九州のある地方都市で起こった事件である。

5歳と3歳の幼い兄弟(兄妹という説もあり)が、庭先から隣家の座敷にこっそり上がり込み、そこに寝かしつけてあったその家の赤ん坊を発見した。
赤ん坊の母親は近所に買い物に出て留守であった。

初めは赤ん坊をあやして遊んでいたのだが、そのうち子供っぽい好奇心から、「赤ちゃんを切ってみよう」ということになり、台所から持ち出してきた刃物で、赤ん坊の身体を切り刻むようにして死なせてしまった。
幼い兄弟にしてみれば、小動物や昆虫にいたずらをするような感覚だったのだろう。

もちろん兄弟が罪に問われることはなかったのだが、当時は少年犯罪に対する報道の規制もいいかげんだったので、事件直後の兄弟の映像が、モザイクもかけずにTVで放映されてしまった。

また、さすがに全国紙は自主規制したが、地元紙では実名入りで報道されたりもした。

しかし、その後、そうしたマスコミ報道に対する批判が高まったことから、番組のVTRや縮刷版を含めた当時の新聞、出版物など、一切の資料は処分され、事件自体がなかったことにされた。

現在ではこの事件について、公的な情報を得ることは不可能になっているが、当時の町の住民達の間では、時たま口の端に上ることがあるし、成長した兄弟は今でもどこかでひっそりと暮らしているという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!