2km以上先の悲鳴

そういえば思い出したことが・・・。

関東で知り合った、ある方なんですが、何事のない普段と変わらぬ夜、自室でくつろいで居られました。
季節的に初夏であり、少々蒸し暑くなる時期であります。
この方も、暑苦しさを感じて窓を開けておられておりました。

自室で本を読み寝転がっていると、突然、窓の外からこの世のものとは思えない、叫び声とも呻き声ともつかない声が聞こえてきました。

慌てて窓から顔を出して見てみましたが、誰もいません。
ふと、時計を見ると夜22:00を丁度、回ってたようです。

その近辺はあまりにも静かでしたので、「くそー、いたずらかよ。」と、そう思いながら一夜が明けました。

次の日も普通に仕事が終わり帰宅し、晩飯でも食うかと言う時に友人から電話がかかってきます。

友人:「昨日、焼身自殺あっただろ。おまえん家からだと、2km以上も先だけどね。」
俺:「おー、そんな事が・・・。あんまり気分のいい話じゃないね。」

と、その方は、切り返した。

その方:「目撃証言だと、夜の暗闇の中、急に明るくなったから、よく見てみると、燃えている人間が苦しそうに、のたうち回ってたそうだ。時間は、え~と22:00丁度、回ったときって、言ってたな。」

俺:「えっ、、十時だって。」

2km以上の距離にも関わらず、それらしい声が間近に聞こえたと言うのは、常識的に考えてもおかしいと言うか、考えられません。

恐らくは、自殺者の最後の憎しみ、悲しみ、苦しみの念が、何かを訴えていたのでは、無いでしょうか!?

ましてや、黒く焼け焦げたあとなんかは、その人の念がこもっているのではと、考えると、恐ろしいですね。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!