異臭を放つその物体

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

事務所が立て壊しの為、一時的に仮事務所に移動した時の話。

建物自体はかなり古くエレベーターはあれど人が乗れず荷物しか運搬出来ないタイプしか無かった。
荷物を1Fから4Fに運び入れている時に異変が起きた。

荷物を乗せたエレベーターが4Fに到着し開くボタンを押すと、ドアが開くと同時に「べちゃべちゃ」という音が聞こえた。

何の音だ?

そう思いつつ先輩と一緒に荷物の乗った台車を引き出したところ、事もあろうにビショビショに濡れた雑巾が先輩の荷物の上にのせられていた。
俺は荷物が汚れては困ると雑巾を払いのけキッチンペーパーなどで荷物についた水分を拭き取った。

また何か落ちてきたら嫌だなと、エレベーターの中を覗きこんだが中はステンレスの箱そのままで、上から何か落ちたりする穴なんて無い。

昼の休憩時に先輩が「誰だ荷物の上に濡れた雑巾置いたのは!」と問いただすも、誰からも「知りません」との答えしか返って来ない。

それに怒ったのか「知らねぇはずねぇだろ、誰だよ!」と言いながらさっきの雑巾をつまみ上げた。

雑巾だと思ったものはキャミソールと言うか、スリップと言うか、女性用下着のようなものをまるめていただけのものだった。

「べじゃり」という鈍い音を立てて先輩のつまみ上げた布からデカい生レバーみたいな塊が滑り落ち物凄い腐臭を放った。

急いで全ての窓を開け布と腐臭を放つものをゴミ袋に詰め込んだ。

もう昼飯食う気分じゃ無いなと思っていたら誰かが「あれ赤ん坊の遺体じゃないの?」とか言い出した。

なんだか少し怖くなり念のため警察を呼んでそれがなんなのか調べてもらう事に。

その日の夜、女性用下着を片手に激怒する先輩をネタにしたメールが回ってきた。

数日後新しい事務所に移る為荷物を搬出してる時、60サイズの管理者不明の箱が出てきた。

中身は黒髪、白髪の入り混じった人の髪の毛がこれでもかと詰め込まれていた。

後日警察から赤子や人の遺体では無くイタズラではないか?という連絡があったが、それがなんだったかについては教えてくれなかった。

髪の毛は色々あって辞めた人の嫌がらせだと思うが、びしょ濡れのアレがなんだったのか今だに分からずちょっと怖い。

今、先輩のプロフィール欄には絶えず誰かがキャミソールやらシミーズと書き込みを加えている。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!