死臭が漂う人間

編集プロダクションで契約社員として働いていた3年ほど前のこと。

よく仕事をしてもらってるベテランライターさんから、40代半ばの新人ライターを紹介されたことがある。

この業界、早い人は大学在学中からライターやってるのに、40代で新人は珍しい。
180センチ100キロ近い巨漢でスキンヘッドの強面。
だが、専門分野はオタク系という変わったライター。

この人・・・Tさんが、大きな声でよく喋る。

当時、その編プロでは、某社のムックシリーズやコンビニ500円本をやっていたので、使えるライターならぜひ使いたいところ。
面接というか面通しを、デスクとマネージャーでやってた。

その最中に、進行中のスピリチュアル本の資料を、Kさんが持ってきてくれた。
Kさんは資料を担当に渡すと、仕事中の私に話しかけてきた。

Kさん:「なに、この臭い?死体の臭いがする」

以前、私はKさん絡みのスピリチュアル本をやっていたから気楽に話せるので、「え?そんな臭いしますか?」と返した。

Kさん:「自殺した死霊の臭いだよ。とんでもない人が出入りしてるんじゃないの?」

Kさんは顔をしかめながら、部屋を見回し、「自殺した女の霊よ。祟ってるというか、呪ってるというか。こんなの背負ってる人と仕事したら、会社ごと潰れかねないよ」と。
そして、Kさんは、デスクが面通し中の小会議室(パーテーションで区切られていて中は見えない)を指差した。

Kさん:「あの人、ダメよ。経歴も何もかも嘘っぱち。調子のいいこと言ってるけど、全部ホラだから。この女の人の霊は、死んだ奥さんよ。浮気に苦しんだ末の自殺。絶対に関わらない方がいい」

そう言い終えるとKさんは「ああ、やだやだ」と呟きながら、さっさと帰ってしまった。

その後30分ほどして巨漢のTさんも部屋から帰った。
マネージャーは、本当に使えるなら使ってみてもいいんじゃないか?という判断だったが、編集長は渋っていた。

編集長:「なんか、胡散臭いんだよ。虚勢を張ってるというか、なにかを隠したり、誤魔化そうとしてる人間の話し方なんだよな」

私は「あの、さっきKさんがいらっしゃって資料を持ってきてくれたんですけど、その時、ちょっと気になることを・・・・・・」と話した。

編集長は「うちが懇意にしてるオタク系ライターにちょっと聞いてみる」、といって一週間後。

編集長:「すごいな、Kさん。だいたい当たってた。Tの奥さん、4年ぐらい前に自殺してるんだよ。あと、Tの評判も最悪だったな。ライターといっても、実績殆ど無いし、ネットで駄文を書き散らしてるだけだった。今回というか、うちでは永遠に見送りさせてもらうことにしたよ」

その数ヶ月後、年末の忘年会で、Kさんと話をした。

Kさん:「あれはね、ひどかった。死んだほうがマシな状態だったのよ。だけど、死なせてもらえない。奥さんの霊が死なせないのね。『生きて苦しめ』、って。元々は自分の蒔いた種だけど、人間不信の塊みたいになってる。自分が、他人を利用することしか考えてないから、他人を信じられない。助けてくれようとした人も何人もいたんだけど、本人の疑心暗鬼で人間関係を駄目にする。それから、自殺した奥さんの霊が、絶対に成功させないようにしてる。あの人を引っ張り上げようとした人は、からだ悪くするよ。だから、関わっちゃダメ。あの人と奥さんの因縁だから。触るとろくな目に遭わない。他人は近づかないのが一番」

ちなみに、Tさんを編プロに紹介したライターさんは、その後、糖尿病を急速に悪化させ、今は目がほとんど見えなくなったとか。

そして、最近、Tさんの名をネットで見たのですが、Tさんを起用した某有名人は大病を患っているとのこと。

そういう関わらない方がいい人っているんだな、と本当に思いました。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!