痴呆には絶対になりたくない話

祖母から聞いた話だ。

祖父はボケてからというものの、寝室から一歩も出なくなった。
そして同じ場所、同じ姿勢で一日中ボーっとしていたらしい。

介助に限界を感じた祖母は祖父を施設に預けたのだが、ある朝、施設から祖父が失踪した旨の電話を受ける。

気が気でない一日を過ごした祖母が、その夜気配を感じて目覚めると、暗闇の中祖父が座っていることに気付いた。

驚いた祖母は電気をつけて祖父に何故帰って来たのか聞いた。

すると祖父は黙って正面を指差したという。
いつもと同じ場所、同じ目線で。

心霊系ではないが、とにかく不気味さを感じる話だった。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!