呪いのお経ってあるの?

数年前に実際にあった話。

弟は19歳の時に事故で死んで、それ以後、毎月死んだ日の月命日にお寺さんに来てもらっていた。

いつもは割りと高齢のお坊さんが来ていたんだが、ある日、若いお坊さんがきて、父に「一度食事にいきませんか」と誘った。

坊さんは某高級車で迎えにきて、高級ホテルの上層会で飯を食い、その後、一等地のクラブで酒を呑んだ。
その後もそういうお誘いが何度かあった。

しばらくして、弟の三回忌の法事の前、突然その若い坊さんが、「私がごじゅう(多分、後住だと思う)に決まりました。つきましては、○○さん(父)に檀家総代になっていただきたいのですが」と言い出した。

檀家総代というと金もかかるし、母の甲状腺の癌がみつかり手術の予定も入っていたため丁寧に断ったのだが、若い坊さんは明らかにムッとした顔をして、「あれだけのことをして差し上げたのに、こんなところで恥をかかされるとは思いませんでした」と怒り出した。

ただ、他の客もいたので言い争いにはならなかたが、その後の三回忌の席上での坊さんの声は刺々しく聞こえたのと、何故かお経が凄く気持ち悪く聞こえた。

法事の後、親戚も「今日のお経は気持ち悪かったね」という声がチラホラ聞こえた。

しばらくして、その三回忌に来てくれていた従弟から連絡があった。

従弟は実はその三回忌を録画していて、思うところがあって知り合いの坊さんにそれを見てもらったところ、知り合いの坊さんが一言「これ、読んだらダメな奴だ・・・・・・」と呟いて顔が真っ青になったらしい。

「読んだらダメな奴ってなに?」と聞いても一切答えず、「とにかく、この動画は今すぐ削除するように」と言われた、とのこと。

翌日、何故かお寺の一番偉い人と、さらにおつきの人ぽい坊さんが2人もついてがきて、三回忌で読むお経を間違えた、こちらの手違いだ、申し訳ないと頭を下げた。

両親も俺も意味がわからず、とにかくこちらの手違いなのでこの前のはなかったことにしてほしい、今から改めてお経を読ませてもらう、といい、三人がかりで長いお経を読んでくれた。

お金を準備してなかったので準備しようとしても、お金はいらない、本当に申し訳ないとまた頭を下げられた。

その後、その若い坊さんがうちに来ることはなく、しばらくして、若い坊さんは他の坊さんの嫁と駆け落ちして新しく寺をつくった、と聞いた。

未だに詳細は不明でオチなしですまんが、あのときの『読んだらダメな奴』が何なのかもわからないけど、とにかく法事でこういうことがあるとものすごく後味が悪い。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!