気持ち悪い婆さんの正体

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

去年の夏のこと。
場所は兵庫。

ドライブがてら遠回りして、峠を越えて友人の家に向かっていた時の話。

通ったことのない道で、木が青々と生いしげり、蝉がうるさかった。

前方に猫だか狸だかが跳ねられて死んでいた。
端っこなら問題はないけど、ちょうど右タイヤが通るあたりに転がっているので速度を落とし、迂回を余儀なくされた。

ジジジジジジジジジジジジジジジジジ

蝉がうるさかった。
面倒だなぁと思いつつ、左に膨らもうと死骸から目を離すと、迂回に使おうと考えていたコースに農作業姿の婆さんが突っ立っていた。

邪魔だよ!

そう思ったが、さらにスピードを落とすと、婆さんが死骸を指差しているのが分かった。

しかも気色悪いほどの笑顔でこちらを見ている。
ほら見てッ、と言わんばかりに嬉しそうに死骸を指差していた。

夏だったけど峠道のためクーラーをoffにして窓を全開にしていたから、車内に蝉の声が直に入ってきている気がした。

蝉はうるさいし猫か何かは死んでるし、頭のイカレた婆さんが笑ってるしで、めまいがした。

ジジジジジジジジジジジジジジジジジ

ゆっくりと婆さんの横を通り抜ける。
指こそ引っ込めてくれたが、やはり俺におぞましい笑顔を向けている。

首に巻いたタオルだか手ぬぐいだかが黒く汚れていた。

ジジジジジジジジジジジジジジジジジ

見なきゃいいがそうもいかなかった。
迂回のためにはどうにも視界に入ってしまうのだ。

右を見て死骸を踏まないよう、左を見て婆さんにぶつからないよう低速走行し、いよいよ婆さんとすれ違う前に助手席の窓を閉めた。
ババアと窓ガラス一枚でも壁を作りたかったからだ。

窓を閉めたにもかかわらず、蝉が一段とやかましくなった気がした。

ようやっと婆さんをやり過ごせる、と思ったその時だった。

満面の笑みの婆さんがいきなり振り向いて俺に背中を見せた。
まだ俺は車を慎重に運転していた。

婆さんは背中に、子供サイズの爺さんをおぶっていた。

婆さんは爺さんをあやすように背中を小刻みに揺らし、また見せつけるように突き出してくる。

婆さんと違って爺さんは泣いていた。
八の字に眉を歪め、目に涙を溜め、苦悶の表情で搾り出すような、でもその音量は凄まじく、けたたましい声を張り上げていた。

「ジジジジジジジジジジジジジジジジジ」

もう矢も盾もたまらずアクセル全開でその場から逃げた。

友人いわく「まぁ色々あった場所だからね」とのこと。

後日、その峠の近くに「朝鮮人戦没者無縁仏供養之碑」なる物があることが分かったが、それが「色々」のうちの一つなのかは分らなかい。

でも分らなくても全然いい。
ただあんな蝉しぐれが聞こえなければ何でもいい。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!