八つ墓村状態の女に遭遇した

先日友達とサバゲーに行ったんだけど、ラストで急に雨が降りだしたのと、足を滑らせて斜面を転がり落ちたおかげで、現在地を見失った。
でフィールドから出ちゃって遭難したんだ。

携帯も持ってたんだけど、如何せん山の中で電波が入らなくて役立たず。
声を出しながら尾根を登りながら道を探してた。

その時に獣道を見つけてとりあえずその道を下って歩いて行った。
どんどん細くなって人が長く使ってない感じだった。

仕方なく元の場所に戻るために引き返したんだけど、ここで一つ失敗してた。
道が別れててどっちから降りてきたのか分からなくなったんだ。

雨と日が暮れ始めたせいで降りて行ってた時は気が付かなかったらしい。
ナイフでマーキングしながら歩けばよかったんだけど、疲労と焦りでそこまで気が回らなかった。

とりあえず、そこでマーキングして右の道に進んだ。
すると偶然だけど神社のっぽい建物の裏手に出て「助かった・・・」と喜んで雨宿りしようと軒下に走っていった。

そこで装備を全部置いてちょっと休憩してから周囲をぐるっと探索。
人は長く来てない感じで朽ち始めてた。
ただ階段の先にさっきまでの獣道よりも全然マシな道があって、そこを通って行けばひとまず人里には降りれると安心してもう少し休憩することにした。

正直サバゲーのラストで遭難したんで疲れも酷かったし、雨で消耗してるしで、お賽銭箱の後ろの階段を軽く掃除してお賽銭を入れてから休ませてもらうことにした。

んでちょっと寝転がってたらウトウトしちゃって、すっかり深夜になってた。
この時もう雨は止んでたらしく辺りは虫の鳴き声だけだった。

少しボーっとしてたら、ゆらゆら揺れる白い塊とオレンジの塊が見えた。
最初は寝ぼけてるんだろうな??と思ったんだけど、何かおかしいと感じて意識が覚醒し始めてもう一度確認したらそれは人間だった。

所謂白装束で頭に蝋燭くくってもうリアル八つ墓村状態の女の人だった。
もうこの段階でビビって動けなくない。

幸い向こうは俺の存在に気がついてない。
何かウロウロ歩きまわって最後に多分元々御神木であろう大きな木に向かって藁人形を打ち付けだした。
呪う相手であろう男女の名前と交互に「死ねー」とか叫びながら狂ったみたいに釘を打ち付けまくってんの。

チビリそうになりながら息を殺して気付かれないように祈ってた。
多分1時間ぐらいそうやって隠れてたんだけど、ようやく終わったのか女はそそくさと帰っていった。

女が吐き続けた怨念と呪詛の言葉は今思い出しても背筋が凍る。
そして女が帰った後、ビビりながら御神木を見てみたら、割りと新し目の藁人形が無数に打ち付けてあるの・・・。

全部同じ名前が書かれた人形なんだけど、よく見たら釘だけじゃなくて刃物で付けたような痕もあって下に実際ナイフと包丁が落ちてた。

その後、道を下ってなんとかコンビニを見つけて電話を借りて友達と連絡とって帰れたけど、あの時あの女に見つかってたらと思うとかなり怖い。

何よりもあれだけ人を呪う執念というか怨念って何があったんだよ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!