精神異常者は○を食べる

友人(拙者と同じく“視え”“感じる”友人)がいるでござる。

彼は『もらいやすく』、少々キツいモノを『もらい』過ぎるとテンパッてしまって、ちょくちょく“心の病院”に入院するのでござる。
拙者は防御値がある程度高いため、『もらって』も軽度の損傷で済むのでござるが・・・

ある時、『もらい入院』(w)した友人を拙者はさっそく見舞いに行ったでござる。
(その病院は知人の病院)(彼は“感じる”精神科医)

閉鎖病棟でござったが、その食堂にて面会。
色々話しこんでいると、「ピチャポチャ・・・」と水の滴る音が・・・。

『誰か水でもこぼしたか・・・?』

あたりを見回す拙者。

と、そんな拙者の視界に驚くべき光景が・・・!?

なんと、すぐそばに座っていた他の患者が、ムシャムシャと指を食べていたでござる。
『ぷっ!』と爪を吐き出す患者。

水の滴る音は、滴る血の音(大量出血)でござった。(やってきた看護人は、『ふぅ~』とため息ひとつ、処理にあたっていた)

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!