もしそこで逃げていなければ全員・・・

小学生の頃、近くの原っぱが次々に造成地へ変わっていった。

どんどんアスファルトの道路ができた。
当時のマンホールには小さな穴が開いていた。

導火線の長い爆竹に火を付けて、その穴の中に落とすのが仲間内で流行ったことがあった。

爆竹を入れてからマンホールに耳を当てて、音を聞くのだ。

ある日、悪友だったみっちゃんが「ごっついええ音するところがあるねんで」とまだ造成の終わっていない原っぱに私を連れていってくれた。

背の高い雑草をかき分けて歩いていくと、急に地面がコンクリートになっているところに行き着いた。

少し違う形をしたマンホールが3m間隔くらいに5つ並んでいた。

「ほれ、入れてみ。ここはマンホールに耳を当てんでもええで」と言って、爆竹に火をつけてくれた。

「どん!」とかなり体に響く音がして、マンホールが少し動いた。

「どないや、すごいやろ」とみっちゃんは誇らしげにしていた。
しばらく二人で爆竹を入れて遊んでいた。
そのうち、みっちゃんの顔がぱっと明るくなった。

「お前、よしくんとのりちゃん、呼んでこい。わいはさとる連れてくる」と言って、みっちゃんは自分の家へ走っていった。

内心では「これ、絶対にあかんことになる」と思いながらも、気の弱い私は二人を呼びに行ってしまった。

よしくんものりちゃんもさとるも大喜びだった。
そして、全身が笑顔になっていたみっちゃんは「みんなで一緒にいれるで~」と言って、どこから持ってきたのか、マッチを私たち4人に配った。

「ちゃんとせえよ」

みっちゃんは私を睨んだ後「せーので一緒に入れるねんで」と本当に嬉しくてたまらない様子でみんなに言った。

私たち5人がそれぞれマンホールの側に立って「せーの」と声を合わせて、火の点いた爆竹を穴に入れた。

「どん」という音が重なって聞こえたが、音量は一人で入れていたときと大して変わらなかった。

しかし、私が爆竹を入れたマンホールから真っ黒な煙が出てきたのだ。

「お前、たまにはええことするなあ」と喜ぶみっちゃん。
他の3人も口々に私を賞賛してくれた。

しかし、煙がどんどん激しくなっていったので、「これ、ちょっとあかんで。離れたところから見よう」と原っぱを出た。

そのとき「どっか~ん」とかなり大きな音がして、原っぱから煙がもくもくと立ち上った。

「空飛ぶ円盤や!」とのりちゃんの指差す方を見るとUFOが3つ飛んでいた。
私はもうその時点で目がウルウル状態になっていた。

4人が一斉に逃げていく中、小心者の私はその場に凍りついてしまい、泣きだしてしまった。

「円盤のおっちゃんに捕まって、怒られて、拷問されるんや・・・」

みっちゃんが戻ってきた。

「あほう、あれはマンホールが飛んどるだけや。早よ、帰ろ」と私の手を掴んで一緒に走ってくれた。

「なんや?」
「どないした?」
「工事現場で爆発や」
「あんなところにマンホール落ちとるで」
「そら、あかん。救急車、呼んだって」

と付近に住んでいる人たちが、わらわらと表に出てきた。

幸いなことに周りは原っぱの部分がかなり残っていたので、私たちは見つからずに離れたところまで行くことができた。

「ごっつい音やったな」
「マンホール、よーさん飛んだなあ」
「まっくろけの煙、まだ出とるで」

と四人が目を輝かせて、いま起こった出来事を話し合っていた。
私だけがわんわん泣いていた。

そのうち、消防車、救急車、パトカーがどんどん来て、辺り一帯は騒然とした空気に包まれた。

「お前、家に帰っても絶対にこのこと言うたらあかんで」とみっちゃんに何度も何度も言われてから家に帰った。

結局、周りの住宅に被害がなかったことや負傷者が出なかったことから、原因不明の事故ということで終わったそうだ。

そして、その原っぱもさっさと造成されて、ビルが建ったとのこと。

もう随分昔のことなのに、鮮明に記憶が残っている。
大音響、そして、真っ黒な煙が立ちのぼる中、マンホールのふたが飛び、みっちゃんに手を引かれて一生懸命に走ったこと・・・。

以上、私の幼いころの死ぬほど洒落にならない話でした。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!