2つの名前がある家系

全然怖くないけど、我が家にもちょっと奇妙な風習があったのを思い出した。

父方の祖母の家系は東北の郷士の出だったらしく、祖母とその姉(どちらも故人)、祖母姉の子供たち(存命)は、全員『二つ名』を持っている。

戸籍上の名前とは別の通り名みたいなもので、正式な公文書以外にはそちらの名前を使う。

うちの祖母は、年金通帳から銀行や郵便局の通帳まで通り名で作っていたが、昔は今みたいに本人確認がうるさくなかったので、大丈夫だったらしい。

父の従兄弟たちも、普段はこの二つ名で通していたので、子供の頃は、そちらの親戚から来た年賀状に書かれた名前が違うのが、不思議でたまらなかった。

一方、我が家では二つ名を持っているのは祖母だけで、うちの父親も、祖母が前の婚家で産んだ子供たち(伯父伯母)も戸籍上の名前だけ。
孫である私と姉も二つ名は持っていない。

この二つ名にどんな意味があるのかと祖母に訊いたことがあるが、「悪いものを寄せ付けないためだ」としか教えてくれなかった。

うちの一族は死別・離婚・再婚がやたらと多くて、晩婚や生涯独身も珍しくない家系。

祖母自身も、海軍士官だった婚約者が戦死したため農家に嫁がされ、子供二人をもうけたところで旦那が病死。

そのまま旦那の弟の嫁にされそうになったので婚家を逃げ出し、鳶の頭をやっていたうちの祖父と駆け落ちした経歴の持ち主。

どうやら農家に嫁いだ時点で、子供に二つ名をつけるのをやめてしまったらしいのだが、祖母の子供たちは全員貧乏で、離婚→再婚している人ばかり。

うちの父親も二度結婚したが、二回とも嫁に逃げられ、アル中で入退院を繰り返した挙句に頓死。

その娘である腹違いの姉は、21で最初の結婚をしたが、子なしのまま離婚→元旦那の弟と再婚。

妹の私は、父親の面倒を見ているうちに婚期を逃し、独身のままアラフォー突入。

一方、商家に嫁いだ祖母の姉一族は、全員が家庭にも経済的にも恵まれている。
祖母がじぶんの家系にも二つ名をつけていてくれたら、と思わないでもないが、時代が変わったのだから仕方がないのかもしれない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!