死ななくてもよかった命

雲仙の事情はよく知ってるから、この際書いておく。

マスコミ関係者などが死んだ『定点』は、避難勧告がでていた。
危険地域であることを示すため、公的機関の観測員、消防団員も勧告地域から撤退していた。

しかし、マスコミ関係者は、強制力がないことから、雇い挙げたタクシーとともに避難勧告地域内の『定点』に詰めていた。

そんな中、避難して無人の住民の家に無断で上がり込み、電気、電話を無断使用する事件が起こった。

住民に不安が高まり、そのためもあって、いったん避難勧告区域外に撤退していた地元消防団は、再び避難勧告地域内に入り、見回りを始めていた。

これらのマスコミ関係者、タクシー運転手、消防団員、許可を得て中に入っていた地元住民が、火砕流に巻き込まれ死んだ。

消防団員以外の地元犠牲者はたしか5名。
それ以外が約35名。

避難勧告地域の境界で検問をやっていた警察官2名は、火砕流発生の連絡を聞き、中の人たちに知らせるために勧告地域内に入り、殉職した。

そしてこれが重要なんだが、火砕流の到達範囲は、まさに避難勧告地域内におさまっていた。

避難勧告をマスコミが守ってさえいれば、死者数ははるかに少なくて済んだに違いない。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!