医者の全てがそうではないが・・・

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

前にテレビで観た医療事故の被害者の話が後味悪かったわ。

小学生の男の子にあり得ない量と速度の点滴をうち、その少年は死亡。
遺族が病院に確認をしても「適正な処置だった、点滴と死亡は関係ない」と相手にしてもらえず。

カルテの開示請求をし、そのカルテを伝手を頼りに別の県の医師に見てもらうと、「体重から考えてもこんな大量の点滴はありえない。輸液の速度も早すぎる。明らかに心臓に負担がかかっているしおかしい」と言われ、その他複数の医者からも同じ意見を貰う。

その意見を元に裁判をしようとした途端、「裁判するのなら、自分の発言はなかったことにして欲しい」と言われ着信拒否される。

何故か同じ日から他の医師からも同じことを言われ、どの医者とも連絡が途絶える。

最初は「医療に携わる人間として見逃せない」と言っていた医者も逃亡。
テレビ局が取材を申し込んでも回答すら無し。
裁判を起こすだけの材料もなく、遺族は泣き寝入り。

結局、誰が悪いのか何が悪いのか、大事な一人息子が何故死んだのかすら解明されないままで、息子の命日が終わった夜に絶望した母親が自殺。

「もう何のために生きていけばいいのかわからない」と、まだ40代なのに60代に見えるほど疲れ果てた父親が言っていた。

ドラマや小説じゃ、医者が証言してくれたり協力してくれるんだろうけど、現実はこんなもんなんだなぁ・・・。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!