虐待は絶対になくならない

AV仕様の最強媚薬・エロティカセブン

媚薬・エロティカセブン

人間と言う勝手気ままな動物に見放された少女のお話。

ジーニーは13歳になるまでひとつの部屋に監禁されていた。
おまるに縛りつけられ、寝るときは寝袋に入れられ、父親はジーニーがなにか言うと怒鳴り、殴りつけておとなしくさせた。
父親はジーニーの母親や兄弟たちがしゃべることも禁じていた。

そのせいでジーニーは「やめて」、「もういらない」というような簡単な言葉以外ほとんど話すことが出来ず、20前後のフレーズしか知らなかったという。

1970年に発見されたが、彼女が本当は13歳で虐待の被害者だと解るまで、ずっと自閉症だと考えられていた。
今では孤立児の最悪のケースとされている。

ジーニーはロスの子供病院に収容されて治療を受け、イエスノーで質問に答えたり、自分で服を着ることを覚えたが、うさぎのような奇妙な歩き方はなかなか治らず、やたらものを引っ掻いたりした。
セラピストのデイヴィッド・リグラーと4年間暮らし、言葉を話さなくてもコミュニケーションがとれるよう手話や絵を描くことを教わった。

それから母親と暮らすようになったが、新たに引き取られたが、新しい里親に虐待されてまた言葉が退行し始めた。

現在、ジーニーには南カリフォルニアのどこかで生活しているという。

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!