その物件に説明義務はなかった

半年ほど前、隣室で首吊りがあった。

その時、物音を聞いていたため警察に証言したりしたんだけどそれは割愛。

問題は事件後。
誰もいないはずの隣室からやけに生活音が聞こえることだ。

誰か入居したのか?とも思ったがどうやら違う。

なぜなら、音が3日続いたと思えば1ヶ月間静寂・・・でまた1週間ほど聞こえてくる、という奇妙なものだったからだ。

事故後色々と敏感になっていたのもあり、自殺のあった部屋のほうから聞こえてくるシャワー音や男女の会話が耳について落ち着かない。

初めて気づいたときは別の部屋からかと疑ったが、防音には自信があるはずの俺のアパートで生活音までも聞こえるのはせいぜい隣室までで、方向からすると・・・。

まさか幽霊??

冗談半分に考えたこともある・・・が、玄関の開閉音も聞こえるし、玄関脇の換気扇ダクトから夕飯の匂いがしたこともある。
人がいるのだとしか思えなかった。

そんな生活が3、4ヶ月程続いたころ、アパート玄関口に大家がいて、挨拶して通り過ぎようとしたら呼び止められた。

大家:「あー(俺)さん?事故のあった部屋だけどねぇ、親戚やら友達やらが大勢来たときにたまに貸すことにしたんだ。だから物音がしても気にしないでね」

・・・なんだよやっぱ人がいるんじゃねえか早く言えよな!

後日、一連の顛末を物音について相談していた同僚に話したら、「・・・それって事故物件のロンダリングじゃないか?事故物件の説明義務は次の入居者だけだ。親戚を一旦でも入居したことにすれば、新規の顧客には説明しなくて済む。・・・ていうか、部屋が空いていても知り合いを事故物件に泊めたりしないだろ。」と言われた。

ところで、最近問題の部屋に新しく人が来たみたいなんだが、そいつは事故物件だと知っているのか、そして俺は説明してやったほうがいいのかね?

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!