あの時、あのじいさんを怒らせなくてよかった

母の話。
母は父を早くに亡くし、十代の頃は、いわゆる不良というやつだった。

高校生だった母はその日、祖母は夜勤の仕事に出掛け、弟(叔父)が部活の合宿でいなかったので、不良仲間を数人自分の住む団地へ呼び、酒にタバコだとワイワイ騒ぎ狂っていた。

深夜の2時を過ぎた頃、ピンポーンとチャイムのなる音が聞こえた。

こんな時間に誰だ?と母がチェーンロックの掛かったドアを開けると、そこには見覚えのないじいさんが1人立っていた。

すると「誰やー?」と不良仲間の1人のAが母の隣にやってきた。
「なんやねんお前?」と母がじいさんにガンをつけると、じいさんは「自分は下の階の者だが、少し騒ぎすぎじゃないか」と母に言った。

団地のあるある話なのかな。
下の階の住人が、騒いでいる上の階の住人に苦情を言いに来たようだった。

Aは酔いが回っていたのか「なんで、お前にそんなこと言われなあかんのや」と完全にキレてしまい、今にもじいさんに掴みかかろうとしていた。
すると、さっきまでガンを飛ばしていた母が「すみません!」といきなり頭を下げた。

A:「なんでお前がコイツに謝るんじゃあ!」

Aは更にカッとなったが、それも母は必死に抑えつけ、「もう静かにしますんで。お騒がせしました」と更にじいさんに謝り続けた。

すると、じいさんも納得したのか、「これからは気をつけてくれ。」と言い、階段を降りていく。
母もドアを閉めた。

納得のいかないAは「なんでお前あんな謝っとるんじゃ!」と母を巻くしたてたが、母の様子は完全に参った・・・というものだった。

おかしいと思ったAが「どうしたんや」と母を問い詰めると、母は言った。

「チェーンしてたし、あんたの居た位置じゃ見えんかったんやろうけど、あのじいさん、右手に包丁持ってた。」

ブログランキング参加中!

鵺速では、以下のブログランキングに参加しています。

当サイトを気に入って頂けたり、体験談を読んでビビった時にポチってもらえるとサイト更新の励みになります!